海外カジノリゾートおすすめTOP5

カジノとは、ゲームテーブル、ルーレットのホイール、ウィーンウィーン・ヒューヒューと賑わしいスロットマシンが並んでいるだけの場所ではありません。世界最高クラスのカジノは、ゲストたちを呼び込むには、それ以上のものをゲストに提供する必要があるのです。ゲーマーたちが続々とオンラインカジノへ群がる今日この頃においては、尚更のことでしょう。

  1. ハードロック・ホテル&カジノ(アトランティックシティ)

歯に衣着せぬドナルド・トランプ米国前大統領のことはご存知だと思いますが、彼はかつてはカジノ起業家でもありました。12億ドルをかけて建設されたトランプ・タージマハルは、1990年にアトランティックシティでデビューしました。トランプ・タージマハルは二度倒産し、計算高いビジネスマンによって創業されたカジノから予測できるように、最終的には融資先に1ドルあたり4セントで売却されました。

トランプ氏は、このカジノを「世界の8大不思議」と称しましたが、めったに正しいことを言わないトランプ氏による非常にまれな正しい発言の一つだった、という皮肉な意見もあります(笑)。

  1. イビサ・グラン・ホテル(スペイン)

夏の間、イビサ島は、陽光と世界的に有名なパーティーシーンの両方を楽しもう、と目論む情熱的な旅行者たちにとって常に人気の旅先となっています。著名なDJたちが次々にイビサ島に流れこんでくると、この島はスリルを求める裕福な観光客を惹きつけるようになり、当然ながら、魅力的なカジノホテルが建設されるようになりました。

このホテルのカジノは、2008年にSantandreu一族によって創業され、スロットマシン、キノ、ビンゴなどから従来のテーブルゲームに至るまで、300を超える各種ゲームを提供しています。人込みを離れて落ち着いた静かな場所を希望するゲストは、プライベートテーブルを利用することもできます。

  1. マリーナ・ベイ・サンズ(シンガポール)

素晴らしい眺めを楽しむために、自然あふれるとびきり美しい場所を訪れる人は多いですよね。シンガポールへは皆、ラスベガス・サンズの所有する素晴らしいマリーナ・ベイ・サンズのホテル&カジノを見にやって来るのです。その建物は、建築技術の粋を集めており、レインボーカラーで照らし出され、シンガポールの街の全景の中でもひときわ目立った存在であることは間違いありません。

ホテルのゲストは、広々とした客室でくつろぎ、『オペラ座の怪人』の鑑賞や、宿泊客の特権であるサンズ・スカイパークと極上インフィニティプールへのアクセスが許されています。

  1. ベラージオ(ラスベガス)

ベラージオは、その豪奢な正面入り口と、数多くの映画・音楽ビデオ・テレビ番組に登場していることから、ラスベガスで最も著名で最も多くの人を集めるカジノホテルとなっています。このホテルへ宿泊しに来ると、最初に目を引くのが、見事な光の噴水です。

  1. パーク・ハイアット・メンドーサ・ホテル(アルゼンチン)

前述までのホテルは、最高のゲーミング体験という意味でトップ5入りしていますが、パーク・ハイアット・メンドーサ・ホテルは、豪華施設とギャンブルの楽しさとが程よくバランスしている場所として選ばれています。

このカジノホテルは、アンデス山脈のふもとにあり、ブエノスアイレスの都会の喧騒から遠く離れた場所にあります。ギャンブラーたちが、静かに落ち着いてプレイできる場所も別途設けられており、招待客だけでポーカーゲームをしたい場合は、プライベートサロンを用意してもらうこともできます。